B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blood daiamond  ブラッド・ダイヤモンド・・・評価  4.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
元傭兵でダイヤの密売人のダニー・アーチャー。
彼は、ソロモンという男がピンク・ダイヤを隠し持っているという噂を知り、ダイヤのありかを探ろうとするのだった。


■感   想■
正直興味がない映画でしたが、旦那さんが好きそうなので鑑賞。
でも、映画を観始めて大後悔。
冒頭は虐殺シーンから始まるんですよねぇ(- -)
見た瞬間、クラクラです・・・。でも、実際こういう内戦があったんだよね。
現実から目をそらしてはいけないのかもなぁ。

映画のタイトルでもある“ブラッド・ダイヤモンド(血に染まったダイヤモンドという意味)”というダイヤモンドの不正な取引を描いている本作品。
元傭兵の密売人をレオナルド・ディカプリオが演じていました。
昔、ディカプリオにはまった時期に彼の作品を観まくったのですが、彼の出演作品の中でも、本作の役ははまり役だったような気がしました。
そして、女性記者を懐かしの(笑)ジェニファー・コネリーが演じ、家族を人質にとられた男をジャイモン・フンスーが演じていました。
常に緊張感が走る映画で、冒頭シーンのように目をそむけたくなる箇所も何度かありました。
それにしてもダイヤモンドが武器輸入の資金となっていた事にビックリでした。女性の大半がもらって喜ぶであろうダイヤモンドの背景にはこんな出来事があるなんて、なんだか怖くなりますよね。
劇中、ダイヤモンドの不正取引の中で裏切りがあり、殺し合いがあるのですが、ラストでは、人間の温かみを感じさせるシーンがあったりします。
そのシーンがなければ、なんとも言えない後味が残ったような気がしました。


■最後に一言■
ジェニファー・コネリーって、ポール・ベタニーと結婚してたんですね。しかもお子さんまでいるとは・・・。
知りませんでしたぁぁぁ。


■作品情報■
製作:2006年 アメリカ
上映:143分
監督:エドワード・ズウィック
出演:レオナルド・ディカプリオ/ジェニファー・コネリー/ジャイモン・フンスー/アーノルド・ヴォスルー


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
これは、確かに残虐シーンは目を覆うものがありますよね。

また 息子が堕とされていく状況も胸が痛くなってきました。

訴えたいことは分かるし、映画としては良くできているとは思うのですが、、好きではない映画でした。
なんか観ていて辛いですよね~(--;
2008/02/05(火) 13:08:02 | URL | コブタです #-[ 編集]
コブタさま
そうなんですよ!!
観ていて辛くなっちゃう映画でしたよね。
目を覆いたくなるような真実を描き出している社会派の映画はどうも苦手です。
私の場合、苦手なものから目をそむけているだけなのかもしれませんが・・・。
2008/02/05(火) 17:58:01 | URL | チャラノリ #ng6VXe5U[ 編集]
強い印象
私はこれを去年の劇場観賞映画の№1としました。
他にも好きな作品いろいろあったんですけど
月日が経っても忘れられないシーンが数多く
強烈な印象を残す作品だったからです。

ディカプリオってそれまであまり得意としない俳優だったんですけど
もう見る目が180度変わりましたね。
素晴らしかったです。
2008/02/06(水) 00:52:39 | URL | ジュン #6ZS2/17k[ 編集]
ジュンさま
昨年度のNo.1でしたか~。
確かにすごく印象の強い作品でしたよね。

私は、『ロミオとジュリエット』『タイタニック』で彼の事が好きになったミーハー派です(笑)
ですが、『ギルバート・グレイプ』を鑑賞して、ディカプリオが演技派だとわかり、その時に観る目がかわりました。
2008/02/14(木) 17:46:04 | URL | チャラノリ #ng6VXe5U[ 編集]
TBありがとうございました
華やかなに輝くダイヤモンドの背景にこんなことがあったとは驚きでしたね。
この映画のディカプリオは、賞賛に値する演技だったと思いました。
2008/02/21(木) 19:15:33 | URL | 花 #fEG9TVkw[ 編集]
初めまして。
TBありがとうございました。
私もレオを見る目が、
変わった作品です。
作品自体も素晴らしかったです。
少年兵は胸が痛みました・・・

2008/02/21(木) 21:28:16 | URL | ふぴこママ #-[ 編集]
花さま
こちらこそ、ご訪問ありがとうございます♪

そうですよね。
美しいダイヤの背景にはこんな出来事があるなんて、知りませんでした。
なんだか悲しいですよね・・・。

アイドル化していたディカプリオですが、ようやく脱皮した気がしました(笑)
2008/02/25(月) 13:18:15 | URL | チャラノリ #ng6VXe5U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://charanori.blog24.fc2.com/tb.php/439-f1760663
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
レオナルド・ディカプリオが、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたこの映画。公開日が待ち遠しかったよぉ~【story】ダイヤモンドの価値は『4つのC』で決まると言われている―『color・色』『cut・カット』『clarity・透明度』『carat・カラット』しかし、実は5つ?...
2008/01/17(木) 22:42:37 | ★YUKAの気ままな有閑日記★
原題:Blood Diamond 100カラットのピンク・ダイヤモンド、社会派ドラマのつもりで観たが少々様子が違っていた・・父と息子の強い絆、男同士そして男と女の友情みたいな感動・・ アフリカの大地は血で出来ている。1カラットが0.2gなら100カラットで?...
2008/01/18(金) 01:41:15 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
昨日{/kaeru_rain/}は深夜までお仕事{/face_hekomu/} 今日{/kaeru_rain/}は朝から理髪店(山口県)に行ってまいりました。急に髪の長さが1/3ぐらいになったから寒いです{/hiyo_en1/} 明日こそは年賀状{/mail/}書かないと{/ase/} さて、本日は映画レビュー。 これで鑑賞?...
2008/01/19(土) 23:53:13 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
 『ダイヤの価値を決める“4つのC”── color 色 cut カット clarity 透明度 carat カラット しかし、実は5つめのC<conflict 争い>が存在することを、あなたは知る── [自由][家族][真実]──彼らはダイヤにそれぞれ違う輝きを見た』  コチラの「ブラ?...
2008/01/20(日) 19:43:38 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
TIA 【Story】 ダイヤの密売人であるダニー・アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)は、巨大なピンク・ダイヤを隠し持つソロモン(ジャイ...
2008/01/27(日) 07:14:53 | Memoirs_of_dai
試写会チケットが当たったので、オオブタさんの観てきました。 しかし、コチラ「レオ様の映画~♪」とか言って、デートでルンルンと観に行く...
2008/02/05(火) 13:08:47 | コブタの視線
美しい宝石には、昔から 血なまぐさい伝説はつきものですが、 やはり最近でも それは変わらないのかもしれません。 美しいダイヤモンドの裏で こんな悲惨な世界が・・・・ だからこそ・・・ダイヤは美しく 人を魅了するのでしょうか! こんな映画を見ると、日本...
2008/02/05(火) 23:51:50 | ルナのシネマ缶
【BLOOD DIAMOND】2006年/アメリカ 監督:エドワード・ズウィック  出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フ...
2008/02/06(水) 00:47:27 | BLACK&WHITE
JUGEMテーマ:映画 2006年4月7日 劇場公開作品 2006年9月7日 DVDリリース これだけはきっぱり言えるんですが・・・・・・ 私、ダイヤはもちろん宝石&毛皮 全く興味がなぁぁぁぁ~い!!! なので旦那からは「えぇ嫁やぁ~♪」と言わ...
2008/02/06(水) 15:53:16 | UkiUkiれいんぼーデイ
各所で骨太ドラマと評判の良い映画「ブラッド・ダイヤモンド」(
2008/02/11(月) 18:09:38 | Wilderlandwandar
オフィシャルサイト 2006 アメリカ 監督:エドワード・ズウィック 出演:レオナルド・ディカプリオ/ジャイモン・フンスー/ジェニファー・コネリー/カギソ・クイパーズ ストーリー:1999年、内戦に揺れるアフリカのシエラレオネ共和国。ダイヤの密輸に手を染める元傭?...
2008/02/12(火) 00:13:11 | SSKS*
blood diamond 給料3ヵ月分の裏にある真相。 世界には不正に取引さ
2008/02/15(金) 15:51:31 | おすすめ作品 映画 小説 洋楽
ブラッドダイヤモンド 監督 エドワード・ズウィック 出演 レオナルド・ディカプリオ. ジャイモン・フンスー. ジェニファー・コネリー. カギソ・クイパーズ. アーノルド・ボスロー 内戦の続くアフリカのシェラレオネ共和国。反政府軍RUFにつかまったソロ...
2008/02/21(木) 19:08:23 | <花>の本と映画の感想
評判のいいディカプリオの演技を、観たくて行って来ました。 ダイヤの価値を決める有名な”4つのC”。 color(色)cut(カット)clarity(透明度)carat(カラット) 私たちが最もチェックしなければならないのは 5つめのC<Conflict(争い)>なのです。 重い作品で?...
2008/02/21(木) 21:19:04 | ふぴことママのたわ言
ダイヤの価値を決める「4つのC」color(色) cut(カット) clarity(透明度) carat(カラット)しかし、実は5つめのC conflict(争い)が存在することを、あなたは知る(映画ちらしより)
2008/02/22(金) 18:18:38 | 待ち合わせは本屋さんで
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。