B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
dora 10  ドラえもん のび太の日本誕生・・・評価  3.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
家出を決意したのび太達5人。
だが、家出をしたものの、現代の日本の土地には所有者がおり、のび太達の住む場所はなかった。
みんなで考えた末、人が住んでいないと思われる7万前の日本にタイムマシンで行くことに。
そして、現代に戻ってみると、時空乱流に巻き込まれて7万年前からやってきた原始少年・クルルがいた。


■感   想■
いつか映画ドラえもんを鑑賞制覇しようと思っているチャラノリです(笑)
さてさて、ドラえもんの映画10作品目となる本作。
もちろん10作品目ということは、大山のぶ代さんのドラえもん時代の作品です。
私は大山さんのドラえもんで育った世代なので、やっぱり大山さんの声には安心してしまいますね~。

ネタバレありです。

ドラえもんを観たことがある方なら、途中で気づくと思うのですが、本作にも未来人が登場します。
7万年前に、あんな事ができるなんて、未来人しかいないですもんね(笑)
そんな未来人のギガゾンビがあのお面を被って登場するシーン、いささか不気味でしたが、タイムパトロールにつかまると、なんだか呆気なくって。
そこが残念だったかなぁ。

ドラえもんの映画シリーズで私が好きなところは、いつもは、のび太をいじめているジャイアンやスネオが、優しくなるところ(笑)
のび太のピンチには、かけつけてくれたり、すごく心配してくれたり・・・。
普段見せない姿を披露してくれます。
お決まりだとも言えますが、「この二人も本当は友達想いなんだなぁ・・・」と思うと、なんだかほんわかした気持ちになれるんですよね。


■最後に一言■
『映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝』のCMをTVで見たのですが、今までの画風と違うんですね。
なんか、ショックでした・・・


■作品情報■
製作:1989年 日本
上映:100分
監督:芝山努
出演(声):大山のぶ代/小原乃梨子/野村道子/たてかべ和也/肝付兼太/松岡洋子


人気blogランキングへ←気にいっていただけたら、クリックお願いします(≧∇≦)




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://charanori.blog24.fc2.com/tb.php/454-0d6ba19c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。