B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
always  ALWAYS 三丁目の夕日・・・評価 5 

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
昭和33年、東京タワー建設中の東京に住む小説家の茶川。
茶川の向かいに住み自動車業を営む鈴木一家。
そんな彼らの家に新しい住人がやってきて。。。。


■感   想■
私は原作の漫画を愛読しているのですが、この漫画がどんな風に映画化されるんだろう?とスゴク不思議でした。漫画では、色々な登場人物が出てくる短編のお話だったので。。。
ですが、色々な話がうまく繋がっていて、評判通りの面白さでした!!!

どの役者さんも味が出ていて、本当に良かった。
個人的に、子役の一平クンと淳之介君がすごく良かったように思います。
表情から台詞の言い回しまで最高です

私の席の隣には初老のご夫婦がいらっしゃったのですが、「これは懐かしい」とか「これあったよね~」と上映中に何度かそんな声が聞こえてきました。
夫婦で一緒に映画を観て、同じことを感じるって素敵だなぁ

泣けるシーンでは、隣の初老の旦那さんが何度も目頭をハンカチで押さえていました。
私も映画を観てはウルウルし、隣の旦那さんを見てはウルウルしちゃいました(笑)

笑いあり、涙ありのスゴク温かみを感じる映画です。
「日本映画っていいなぁ」と再確認できる作品だと思います。お勧めですよ。


■最後に一言■
“ピエール瀧”の、あのデブったおなかは自前なの???(苦笑)




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
チャラノリさん はじめまして。
 TBありがとうございました。
 僕は原作を見ていないのですが、とても暖かい雰囲気を感じました。
 いま、学校給食を子どもたちがいただくときに「いただきます」と言わせない親たちがいるとか。
 理由は、学校給食費を払っているんだから、言う必要はないというのです。
 打算が浸透する世界の貧しさをこの映画を見終わった後に聞きました。
2005/11/15(火) 13:03:03 | URL | マサキ #-[ 編集]
マサキさん
こんにちは。はじめまして!
こちらこそTB&コメントありがとうございます。

原作の漫画はお勧めですよ。
映画とは少し違った感はありますが、読んだ後、すごく暖かい気持ちになれますv-22

>「いただきます」と言わせない親
私もこの話聞きました。言語道断ですよね。
食べ物に対して「ありがとう」作ってくれた人に対しての「ありがとう」色々な感謝の気持ちを込めて言うのが「いただきます」だと私は認識しています。
この映画を観て、そんな親御サン達の気持ちが少しでも変わればなぁと思います。
2005/11/15(火) 17:48:36 | URL | チャラノリ #-[ 編集]
はじめまして、こちらへありがとうございました。隣席の老夫妻の光景、何かいいですね。

ピエール瀧は、僕もかなり気になりました。「ハイノハイノハ~イ」ココリコのミラクルさんもピエール瀧ですよね。どうでもいいけど、あの腹、気になるわ。
2005/11/29(火) 18:45:28 | URL | 兵一郎 #-[ 編集]
兵一郎さん、こんにちは☆
コメントありがとうございます!

>隣席の老夫妻の光景、何かいいですね。
でしょう!私も年をとって、あんな風に一緒に映画を観に行きたいなと思いました。

ピエール瀧、笑えましたよね~。
演技もおなかも(笑)
そういえば、卓球やまりんちゃんをTVで見かけなくなりました。。。
2005/12/01(木) 12:25:36 | URL | チャラノリ #-[ 編集]
TB、感謝です。
>「これは懐かしい」とか「これあったよね~」と上映中に何度かそんな声が聞こえてきました。

一緒に共感出来る人がいるというのは良い事ですね。
素敵です。

>“ピエール瀧”の、あのデブったおなかは自前なの?

ホンの一瞬でしたね(笑)。
たぶん自前ではと。
2006/10/31(火) 09:30:47 | URL | カゴメ #-[ 編集]
こちらこそ、ありがとうございます!!
v-22カゴメさま
一緒に共感できるっていいですよね。
友達と劇場で一緒に観て、同じように共感できることも楽しいし、こうやって他のブログの方と共感できることも嬉しいし。

ピエールのおなかは自前でしょうねぇ(;^^A
最近、ピエールって、ちょこっと映画に出てること多くないですか?
卓球は何してるんだろ~???(笑)

2006/10/31(火) 17:54:00 | URL | チャラノリ #ng6VXe5U[ 編集]
原作が漫画だということ全く知りませんでした。
ノスタルジックな作風なのかな。
漫画だと気軽に読めるし今度探してきます。
本当に人と人との温かみが嬉しい胸に熱いものが
こみあげてくる作品でしたね。
2006/12/01(金) 12:40:13 | URL | ジュン #6ZS2/17k[ 編集]
そうなんですね。
v-22ジュンさま
こんにちは~。
そうですか、ご存知なかったんですね。
私は漫画を先に知っていたので、映画化されると知ったときは、どのようになるんだろうと思ったものです(笑)
漫画は短編なので読みやすいし、ほんのり暖かい気持ちにさせてくれます!
お時間があれば、是非!お勧めです。
2006/12/01(金) 12:54:47 | URL | チャラノリ #ng6VXe5U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://charanori.blog24.fc2.com/tb.php/64-466ac1aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  『ALWAYS 三丁目の夕日』を 見に行ってきました。 1958年の東京の港区あたりの庶民の生活を写したものです。 
2005/11/15(火) 13:04:43 | シエスタ~夢の途中で~
「ほんの瞬間にせよ眩しいほど真っ赤に燃え上がるんだ」by矢吹丈 毎度!!映画みました。ALWAYS 三丁目の夕日 昭和33年、東京タワーが完成するこの年、東京下町の夕日町三丁目で
2005/11/15(火) 15:47:24 | 今日も明日もカエラと映画とマンガ
三丁目の夕日行ってきました、昭和33年の夕日を見に。美しかった、そりゃ、綺麗なんてもんじゃなかった。スッ と、入ってっちゃった。雰囲気、匂い、人、これは現代の娯楽
2005/11/29(火) 08:29:25 | 兵一郎の自由日記
ALWAYS 三丁目の夕日泣いた、、、ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。SFXとは、こういう使い方をするんだぁ!年代は...
2005/12/10(土) 05:44:38 | 猫姫じゃ
最近映画館で号泣した邦画「ALWAYS三丁目の夕日」。コミックでも読んでいましたが、また一味違った設定で、古きよき時代を存分に感じさせてくれました。そういえば私が生まれ育ったのもこんな下町でした。物語は、六子が田舎から集団就職のために上京してくるところから始ま
2006/06/19(月) 01:08:20 | 文学な?ブログ
今週の北部九州はずっといい天気{/kaeru_fine/}みたい。職場には窓が無いんですけどね{/face_ase1/}ブログに記事と一緒に天気を書いてて思うことは「いい天気{/fine_sim/}」の割合って多いんだなぁということ。あんまり雨マーク使った記憶ないですもんねぇ。最近はたくさん
2006/10/17(火) 00:37:10 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
ドラマ/ファミリー/コメディ2005年 日本監督 山崎貴出演 吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/三浦友和/もたいまさこ/薬師丸ひろ子/須賀健太/小清水一揮/マギー/温水洋一/小日向文世/木村祐一/ピエール瀧/神戸浩/飯田基祐/麻木久仁子/奥貫薫/石丸謙二郎/松尾貴史/小木茂光/
2006/10/17(火) 20:19:16 | レンタルだけど映画好き 
ディープインパクト敗れる…ぐんにょりです。。昨日観た映画は「ALWAYS三丁目の夕日」です。この映画、レンタルしてから随分寝かせいてたのですが、ようやく観ることが出来ました。山崎貴監督は「ジュブナイル」「リターナー」の監督だったんですね。前2作もなかな..
2006/10/26(木) 17:14:25 | Bearの雑記帳
「ALWAYS 三丁目の夕日」(2005) 日本監督:山崎貴製作:高田真治 亀井修 島谷能成平井文宏 島本雄二 西垣慎一郎中村仁 島村達雄 高野力プロデューサー:安藤親広 高橋望守屋圭一郎エグゼクティブプロデューサー:阿部秀司奥田誠治原作:西岸良平『三丁目の夕日』脚本:....
2006/10/31(火) 09:27:14 | ★☆カゴメのシネマ洞☆★
{amazon} 昨年度は邦画の中では一番賑わした映画『ALWAYS 三丁目の夕日』昔はよかった~系の映画と高をくくって観たのですが、確かにそれ系統の映画だったのですが、普通に感動してしまいました。 東京タワーが建ち、三種の神器と呼ばれ
2006/11/28(火) 12:23:20 | 悩み事解決コラム
「ALWAYS-三丁目の夕日-」を鑑賞して来ました。この映画を見ていると今当たり前な事が当たり前じゃない時代、しかしそれが今忘れられがちな夢と未来と希望を思い出させてくれる作品だったと思う。
2006/11/30(木) 23:12:41 | オールマイティにコメンテート
2005年監督:山崎貴  出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、薬師丸ひろ子 、堀北真希、須賀健太、三浦友和良い作品だ、泣ける作品だといろいろなところでたくさん目にしていたので期待も大きい反面そんな感動作を見て自
2006/12/01(金) 12:44:47 | BLACK&WHITE
ALWAYS 三丁目の夕日、見ましたが震えました。前評判が良いのは知っていましたが、これは予想以上のデキで、穴が無く、笑えるし、感動しっ放しで、珠玉の名作だと思います。吉岡秀隆は、「北の国から」~「Dr.コトー診療所」たまたま「男はつらいよ」と、国民的俳
2006/12/04(月) 14:16:50 | 一言居士!スペードのAの放埓手記
9日に決勝が行われた鈴鹿サーキットでのF1日本グランプリを観に行く為に、7日は深夜バスに乗る予定だったんですけど、その日にあった試写会が、この
2006/12/21(木) 01:02:43 | 欧風
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。