B級映画も結構好き(笑)な九州人。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
alien vs. predator top  エイリアンvsプレデター・・・評価 2.5

  5→かなり面白いっ
  4→面白いっ
  3→ふつーかな
  2→まぁまぁ
  1→イマイチ



■STORY■
人工衛星がある日、南極大陸で異常な熱の放射を観測。
南極大陸の氷の下600メートルに巨大な建造物が眠っていることが分かった実業家ウェイランドは、世界中から考古学者や科学者らを集め、ガイド役を女性冒険家レックスに頼み、謎の熱源へと向かうのだが・・・。


■感   想■
「エイリアンとプレデターが対決するの??面白そうじゃないっ」
と、映画館に観に行ってしまった口です。
「怖いんだろうなぁ・・・」とビクビクしながら観ていたのですが、途中から「あれっっ???なんか笑えるぞ」って(笑)

ちょこっとだけネタバレありです。

特に主人公レックスがプレデターに受け入れられた場面あたりから笑えます。
「なんやそれ」ですよ。
「もしかしてDVDで観るとまた違った印象かも・・・」と、2度程レンタルしましたが、結果は同じ。
なんておバカな私(大笑)

ALIEN VS. PREDATOR 01

エイリアンは、なかなか良かったかな。動きも俊敏だったし。
最後にクィーンエイリアンがでてきた時なんかは、「さすが母は強し」と感心させられましたしね~(大笑)

映画のストーリーは微妙ですが、
『エイリアン2』ビショップ役のランス・ヘンリクセンが出ていたり、なかなか見れない(当たり前か。笑)エイリアンとプレデターの対決が見れたりするので、エイリアン好きの方には良いかも。。
ストーリー性が弱いので、期待しないで観ることをお勧めします。



人気blogランキングへ←参加しています。気にいってもらえたら、クリックお願いします




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメント TB ありがとうございます!
こんばんは~
そうなんですよね!この作品笑えるんですよね!

ラスト 屋外にいるエイリアンはすごい新鮮のみえました!
細い通路とか暗いところにいる印象が強かったので、わーー全身見えている~!!と思ってしまいました。
2006/04/14(金) 14:03:22 | URL | コブタです #-[ 編集]
とんでもないです。
v-16コブタさん
この映画を、コブタさんと語れて嬉しいです(笑)

ほんと、この作品笑えましたよね。
お決まりっちゃ~、お決まりですが、プレデターの意味不明な言動も変わりなかったし(大笑)

2006/04/18(火) 12:23:51 | URL | チャラノリ #-[ 編集]
こんにちは
チャラノリさん、こんにちは。
今回は「エイリアンvsプレデター」にTBさせていただきました。
エイリアン好きなので、結構楽しんで観られました。
でもエイリアンが、プレデターのペット的存在で数を増やされていたと言う設定がちょ~っと不快ではありますねー
2006/09/01(金) 14:10:26 | URL | 小六 #W3fW6d3U[ 編集]
こんにちは~
v-22小六さん
こんにちは~。
さっきブログを覗かせていただいたのですが、エイリアン、お好きなんですね(≧∇≦)

>プレデターのペット的
確かにそんな感じでしたよね。
私も、それにイマイチの設定だと思いましたよっっっ。
2006/09/01(金) 17:51:52 | URL | チャラノリ #ng6VXe5U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://charanori.blog24.fc2.com/tb.php/75-c6418c52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
映画界で最悪で最強の敵エイリアンと、最強の戦士プレデターがなんと同じ作品に出演し対決するというこの作品、この時期多発した合体企画物の一つです。恐怖映画が大の苦手にかか
2006/04/14(金) 13:58:39 | コブタの視線
≪どちらが勝っても…人類に未来はない≫う~ん・・・微妙ですね!ちょっとハマったような気もしますが、面白かったのか、つまらなかったのか・・・。両シリーズの全作品が、監督の個性が活きた作品だったのに対し
2006/06/22(木) 06:00:19 | 映画情報の館
■エイリアンVS.プレデター 「ALIEN VS. PREDATOR」 2004年・米エイリアンVS.プレデター■監督 ポール・W・S・アンダーソン■製作 ジョン・デイヴィス、ウォルター・ヒル、ゴードン・キャロル、デヴィド・ガイラー、ティエリー・ポトク■クリーチャーデザイン(エ
2006/09/01(金) 14:02:05 | 小六のB級A画館
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。